専門家向け心理カウンセリング

心理支援の専門家も人間です。様々な出来事に直面して、ストレスを感じたり、気持ちが滅入ることが起こり得ます。

こちらが心理カウンセリングを通じて提供するのは、心的支援の専門家にとって言わば仕事道具である自らの心をメンテナンスする取り組みです。


取り組みの内容

基本的には一般の心理カウンセリングと同様です。

なお、心理支援の職務で感じている困難さを取り扱うのであれば、スーパーヴィジョンの枠組みにてお受けいたします。

教育分析

教育分析は、心理支援の専門家としての心の機能を高めていくことを目的とした取り組みです。

教育分析は本来、心理カウンセリングとは区別されます。しかし、広義で「心理カウンセリング」に精神分析(教育分析の源流となった技法)を含め、かつ「専門家向け」と前置きしたのなら、区別の意義は薄まることでしょう。実際、両者の要素には重なりが多々あります。

その上で、改めて教育分析の特徴を挙げるならば心理支援の際に生じるであろう転移や逆転移を見越して、欲求の充足や不充足への反応について自己理解を深めたり、コンプレックスや幼少の心的外傷体験を克服していくといった、精神分析(および精神分析的心理療法)の特色が色濃いことだと言えます。

教育分析が「敷居の高いもの」と見られがちな現状を踏まえ、かつ支持的である点を強調する意図もあり、当サイトではあえて心理カウンセリングの中に分類している次第です。

続いて枠組のご説明

枠組み(専門家向け心理カウンセリング)

時間枠:60分+リラックスタイム

頻度:毎週

料金:1回8500円

お申込み

下記にご入力いただくと5日間以内に、こちらからご連絡をさせていただきます。

メッセージの欄にて、「メールか、お電話か」「お電話の可能な時間帯」などのご都合をお伝えいただけるとありがたく存じます。

諸般の事情により、すぐに対応できない場合がございます。また、入力から5日以上の間が空いて反応が無い場合はなんらかの不具合の可能性があるため、申し訳ございませんがご再送を願います。

メモ: * は入力必須項目です


この他の専門家向けコンテンツ