カテゴリ:自己受容



心理ブログ(1) · 2019/08/07
実体として考えるのなら、「自分」は、ひとりしかいません。一方、社会的な活動での 「自分」 は、どうでしょうか?…