· 

自分語りについて

皆さんは、

「自分語り」 という言葉をご存知ですか?

文字通り、

自分自身について伝える行為です。

 

なお、語る以外の方法であっても、自分語りとされます。

 

心理学では、

 『自己開示 (じこかいじ)』 という用語が

それに相当します。

自分自身について伝える行為

「自分語り」

現代、とりわけインターネット上を含めた社交の場では、

「でしゃばり」と同じく

否定的な意味合いで使われることの多い言葉です。

 

しかし、

実際のところ、

否定的な意味合いばかりではないでしょう。

 

自分語りの上手な人もいます。エピソード話などの上手い人です。

もちろん、

そのように要領良くは話せない人も数多くいますし、

苦手と感じる人もいますし、

自分のしている語りの行為そのものに自覚の無い人もいます。

また、

つたない自分語りでも、

受け手次第で、くみ取ってもらえたりもします。

 

ひとくくりにはできない、と考えて良いでしょう。

 

さて、

ここからは、私の自分語りを…ではなく、

ここからは、心理学の話になります。

 

自分語りの重要性

結論から言うと、自分語りは重要です

どうして

自分語りが重要なのでしょう?

 

その一番の理由は、

ピンチの時に助けを求めたり協力を求めたりできるからです。

 

別の理由を予想されていた方もいらっしゃるでしょうけど、

いかんせん心理学の視点では、

これこそが

第一に挙げられるでしょう。

 

悩んで思い詰めている時に、

それでも自分の苦境や胸の内を他の人に伝えられない、

自分語りをためらってしまう、というのはやはり心配です。

 

それ以外にも、自分語りが大事な理由はあります。

例えば、

話すうちに気持ちが整理されるという面もあるでしょう。

お互いに自分語りしていくうちに理解し合えたり。

それぞれの事情が分かれば都合がつけられたり。

「自分語りをし合わない人間関係なんて、

深まらないし、つまらない」と思う人もいるはずです。

 

自分語りは大事。

しかし、

状況や相手によっては、受け取ってもらえるとは限りません。

 

自分語りを試したり練習する安全な場があるとしたら、

使ってみたいと思いますか?

 

安全に語れる場

「自助グループ」というのは、

じような悩みを持つ境遇の人たち(当事者)が集まり、

互いの語りに批判する/されることの無く

耳を傾ける活動です。

全国各地で開かれています。

 

また、

心理カウンセリングは実生活とは異なる場で、

そこでも批判などされることなく、思いのままに語ることができ、

その上で、

いざ「実生活では誰にどのくらいの自分語りをしていくのか」を検討できます。

自分語りに苦手意識のある人は、その克服にも繋がるでしょう。

 

自分語りを目的に最寄りの心理カウンセリングを訪れてみると、

もしかすると、

「お悩みはなんですか?」と聞かれるかも知れません。

その際は、

「周りの人に何を伝えるのか、自分の考えを話してみたい」

といった言葉で伝えられたなら話がスムーズに進むと思います。

 

なお、川越こころサポート室には、

語り合いをする集まりの  『和合の会』  もございます。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。

鹿野 豪

トップページへ

電子書籍のご紹介

シリーズ:心理アセスメント概念

『大事を理解する』

表紙

パソコンやスマホで読める

amazon kindle(電子書籍)にて発売中