· 

アクティングアウトとは

扉絵

今回は心理学の言葉を紹介します。

 

なお、ここでは

あえて古典とは異なる現代日本版の解釈をしています。

興味ある方は元のフロイト版の解説と比較してみてください。

アクティングアウト

『アクティングアウト』とは

衝動に従って安易に欲求を充足する行動に走ることを意味します。

欲求の充足

ひとは誰しもなんらかの欲求を持っているものです。

個人差があって、例えば

「積極的に獲得したい」といった欲求の形もあれば

「静かに過ごしたい」といった欲求の形もあるでしょう。

ひとりの人の中にいろんな欲求があって

時と場合で変わります。

 

ひとは「欲求を充足させたい」と感じたり思ったりします。

欲求不満(不充足)

ところが

欲求はいつでも満たされるわけではありません。

欲求不満の状態がおとずれます。

 

欲求不満はそれなりにしんどくて、

できればスッキリさせようと模索するという

心の動きが自然と見られます。

 

欲求不満に耐えられる程度を、

『欲求不満耐性(よっきゅうふまんたいせい)』と言ったりもします。

その程度もまた時と場合で変わることでしょう。

 

欲求不満に耐えかねて、『アクティングアウト』、

安易に欲求を充足する行動へと向かうと考えられます。

その際、欲求そのものへ向かうこともあれば、

なんらか別の形に置き換えて

欲求不満の解消へと向かうこともあるでしょう。

安易にについて

冒頭で『アクティングアウト』の意味として

衝動に従って安易に欲求を充足する行動に走ること

と書きました。

この文章内の「安易に」というのは

「もう少し欲求不満の状態で維持していられたら

別の可能性があったのに」というものです。

 

「別の可能性」というのは例えば

他者との対話の可能性があったり、

より本人が納得できる充足感の可能性があったり、

なにかしらの問題に至らなかったり…。

 

このことから分かるように

「なにが安易か」「別の可能性があるか」になっていて

切っても切り離せないものです。

「別に選べる選択の可能性」が見出されていないにも関わらず、

「欲求充足に走った行動は安易だった」ととらえるのは

しんどいはず。

また、「安易」や「別の可能性」を

誰かしらが一方的に決めつけたりお仕着せることはできないのを

前提としておくのが良いでしょう。

「別の可能性があったのに」は本人が思うからこそのものです。

衝動

『アクティングアウト』を知る上で押さえておきたい言葉が

『衝動』です。一般に使われる言葉ですね。

心が突き動かされるように感じるのを『衝動』と言います。

 

『衝動』は勢いや速さがあって

理性を介在させないと思われがちですが、

そういう性質が『衝動』という心性だとしても

いかにその勢いや速さに「間」を作れるかが重要です。

 

「一呼吸置く」とか「一晩置いてみる」などとも言われます。

おおげさな話ではなくて、

『衝動』の強い人は

いかに「間」を作れるかが人生のテーマのひとつに

なることもあるでしょう。

アクティングアウト後の心の動き

『衝動』的に『アクティングアウト』をした後に、

心にはなにが起きているでしょうか。

 

安易な欲求の充足。それが「安易だ」と自覚するとき。

 

ある人は後悔や自責の念にさいなまれるでしょう。

またある人は、自己正当化せずにはいられないのかも知れません。

自分にうんざりして自暴自棄になる人もいます。

いずれもとても主観的ですが、本人としては切実です。

 

自らの『アクティングアウト』に振り回されていて

繰り返しにおちいる面もありえます。

ですが愚かなことではありません。

それはアクティングアウトの持つ難しさです。

本筋の解決よりも簡単で、充足感もあるからです。

アクティングアウトを把握する

『アクティングアウト』がつらいパターンになっている時、

それを脱却したいと思うでしょう。

それならばまず、全体像を把握していくことが重要です。

 

そこでは「良い・悪い」の評価をすることなく

ありのままそのまま把握するのが肝心です。

 

個人的な欲求を言葉にしてみる。

・欲求の充足と不充足の感覚を確かめていく。

・それらの「時と場合」を整理していく。

『衝動』の予兆を知る。

アクティングアウト後に起きている心理を分析する。

 

※これらは今回のブログ用の例です。教科書的に網羅しているわけではありません。

心そのものの力

『アクティングアウト』のつらさからの解放は

外からの力で無理やりに叶うものではありません。

 

心は生きているので、

無理やりに変容させるのではなく、

モチベーションを保ったり

罪悪感を減らしたり

自尊心を向上させたり

などなどのバランスの中で進めていくのが好ましいでしょう。

 

『アクティングアウト』という行為に関連して

過度に自分を責めてきた人は、

そういう評価にじかに自らをさらすのではなく、

心のありえる動きとして

「そうやって自分で自分を責めたりもしてきたんだ」と

把握していくのが方向性だと思われます。

 

視点を自らの感情に呑まれてしまわないところに置いて、

そこに発生する心の力を大事にしていきたいものです。

 

本来の欲求ではなく代替になる何かを見つけることも

確かに助けになる点で悪くはありません。

どのような方針であれ、

心そのものの力が減退していくような

無理やりの変容は避けたいところです。

 

このブログが参考になれば幸いです。

心理カウンセリング

心理カウンセリングでは

心の動きをそのままありのままに把握していく

というサポートをいたします。

カウンセラーは心を「良い・悪い」で評価をいたしません。

一緒に取り組んでいきましょう。

鹿野の顔写真

鹿野豪

公認心理師(登録番号 : 2225)

臨床心理士(登録番号:  17852)

>> はじめまして

川越こころサポート室のロゴ

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    

※ 「『アクティングアウト』とは安易に欲求の充足に走ること」という定義は

 書籍からではなく、今回の解説のために分かりやすく述べたものです。

 古典的には「葛藤について、対話で扱うはずのところを、行動によって解消に走ること」を指します。


↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ


電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中