· 

主体性について

今日は 『主体性』 という言葉を

心理学の視点で解説します。

 

イラストの右のの男性は、

主体性が保たれているように見えますか?

主体性とは

一般に「主体性」と言うと、

自分の意見を表明したり

積極的に活動するような

イメージかも知れません。

 

一方、

私が専門とする臨床心理学では、

「主体性」とは、心の状態や姿勢を表す用語です

あえて主体性とは「主体的に気持ちの入った心構え」と言ってもいいでしょう。

 

仮に、立場上、受け身の姿勢であったとしても、

その人の心構えとしては、

主体性の高い場合もあれば、

低い場合もあります。

 

例えば、いつも上司の指示に従って仕事をしている

会社員の人がいるとしましょう。

突然に、

自分で判断しなければならない状況になった時、

の姿勢として、

主体性が高ければ自ら変化に対応しようとするでしょうし、

主体性が低ければ呆然としたり気が動転したりなどするでしょう。

 

上にも書きましたが、改めて、

心理学での主体性とは、

「自ら積極的に活動しているかどうか」でもなければ、

その人の対応能力のことでもありません。

主体性とは、主体的な気持ちの入った心構えを意味し、

そういった状態や姿勢を説明する用語なのです。

 

それならば「主体性は高いほど良いんじゃないか」

と思うところですが、

そう一筋縄にはいきません。

主体性の高まり

主体性が高まると、

その分、責任感も高まって心に負荷が掛かってきます。

 

責任感の負荷が過剰になり許容量を超えると、

心に問題を生じさせてしまうこともあるのです。

 

ここからが心理学の示すポイントです。

 

主体性は、

低すぎる放棄も問題になり得るけど、

高すぎて過剰な負荷があるのも問題になり得るのです。

望ましい主体性

ほどほどが良い、とも言えますし、

その人に合った在り方、というのでも良いですし、

状況を整理して適度な負荷にしていったり、

一時的に低すぎたら高めようとし、

高すぎたら低めようとするといった、

自らの判断で使い分けたりバランスをとれるのが

望ましい主体性であるとも考えられるでしょう。

 

完璧な主体性など

我々のような普通の人間にはありません。

極端な話をすると、

どんなにメンタルがタフな人でも

責任感をもって

全世界の難題を抱え込むなどできないのですから。

 

上手に主体性を保っている人は、

世の中にある「流れ」や「型」に乗っかったり、

気持ちの切り替えや妥協の判断ができていたり、

他者との明確な役割分担をしたり、サポートを得るなどして、

責任感の負荷に対する対処

できているのではないでしょうか。

 

主体性の低さに問題があるのなら、

高める工夫が要るでしょう。

ただし、

「なんでも高ければ良い」というものでもなく、

その人なりに、

状況に応じて主体性を柔軟にできるかどうか

それが負荷を適度に抑える鍵となるのです。

 

続いて、主体性の別の側面について書こうと思います。

主体性の放棄について

ほどほどが良い、とも言えますし、

その人に合った在り方、というのでも良いですし、

状況を整理して適度な負荷にしていったり、

一時的に低すぎたら高めようとし、

高すぎたら低めようとするといった、

自らの判断で使い分けたりバランスをとれるのが

望ましい主体性であるとも考えられるでしょう。

 

完璧な主体性など

我々のような普通の人間にはありません。

極端な話をすると、

どんなにメンタルがタフな人でも

責任感をもって

全世界の難題を抱え込むなどできないのですから。

 

上手に主体性を保っている人は、

世の中にある「流れ」や「型」に乗っかったり、

気持ちの切り替えや妥協の判断ができていたり、

他者との明確な役割分担をしたり、サポートを得るなどして、

責任感の負荷に対する対処

できているのではないでしょうか。

 

主体性の低さに問題があるのなら、

高める工夫が要るでしょう。

ただし、

「なんでも高ければ良い」というものでもなく、

その人なりに、

状況に応じて主体性を柔軟にできるかどうか

それが負荷を適度に抑える鍵となるのです。

 

続いて、主体性の別の側面について書こうと思います。

 

心の基本姿勢としての主体性を放棄した状態で、

「仕事に専念」や

「家族のために」などと

自分以外のために頑張られる方がいます。

 

確かに、

覚悟を決めての滅私奉公というのは、

崇高にも感じられますし、

そうした必ずしも主体性を高めないあり方にも

良い人生というのはあるはずです。

 

その一方で、

心理面で拠りどころを外に置き、

主体性にともなう責任感を放棄したことによる

心地よさにおちいってしまっている、

という危うさがあるのだとしたら…。

 

個人個人が選ぶ生き方までは、

このブログで書くことは差し控えたいと思います。

 

ですが、

もしも主体性の放棄により

心の健康を損なっていくようでしたら

改めてそれを組み上げていく

地道な取り組みが必要となるでしょう。

主体性と心理カウンセリング

心理的な主体性の確保が上手くいかない人というのは、

周囲からはもどかしく見えてしまうかも知れません。

しかし、本人の心理を注意深く知ると、

闇雲に「主体性を高めたら良い」とも言えないのです。

 

どなたにとっても、

ご自身の主体性のあり方は

検討に値するのではないでしょうか。

その際には、心理カウンセラーがお役に立てればと思います。

鹿野 豪

ホームへ

電子書籍のご紹介


amazon kindle(電子書籍)にて発売中