· 

ドント・シンク、フィール

扉絵

※日本語訳はこちらの意訳です。

映画『燃えよドラゴン』の名台詞

考えるな、感じろ」は、

ブルース・リー『燃えよドラゴン』のワンシーンで用いた有名な台詞です。

今回は、カウンセリングにも通じる点をご紹介いたします。

 

いわゆるネタバレを含みますので、

映画を観ていない方はここで引き返しても良いと思います。

 

どんなシーンだったか振り返ってみましょう。

 

拳法の達人ブルース・リー。

とある拳法を学ぶ若者に

こんな教えを説きます。

 

考えるな、感じろ。月を指さす時に、大事なのは指ではなく月なのだ。月に集中するんだ。指を気にしたら、大事ななにもかもをつかみ損ねてしまうぞ」

"Don't think, feel. It's like a finger pointing a way to the moon.  Do not concentrate on the finger, ...or you will miss all of the heavenly glory. "

 

このセリフのどこがカウンセリングと関係あるのか、

 

シーンを少し巻き戻して、みてみましょう。

シーンの背景

このシーン、まず

ブルース・リーは若者に「私に蹴りを放ちなさい」と言います。

急にそんなこと言われても…って感じですが、

遠慮ぎみに上段蹴りを繰り出してみせると、

 

「なんだ今のは。それが本気なのか?我々に必要なのは情にまつわるものだ」

"What was that. An exhibition? We need emotional content. "

と、たしなめられます。

しっかり感情のある蹴りを向けてこい、と言うのです。

 

人間は様々な種類の感情を持っています。

大きなもの・小さなもの、激しいもの・ゆるやかなもの、

強いもの・弱いもの、短いもの・長く続くもの、

幅広く全般的なもの・方向性の定まったもの、

外に向くもの・内に向くもの、

…そして内容も様々です。

 

カウンセリングでも、

情にまつわる体験を無視できない時があります。

もちろん必ずしも感情にまつわる話をするわけではありませんが、

心にはおのずから情にまつわるものがあるのです。

 

そうです、

ブルース・リーは、心に触れることの意味を語っていたのです。

映画は拳法の話なのですが…。

ブルース・リーの教え

若者は顔つきが変わり、

先ほどと同じ蹴りの型ではあるけれど、鋭いものを披露します。

シュバッ。

しかし、ブルース・リーは満足ではない様子。

 

「私は情にまつわると言ったんだ。怒れとは言っていないだろう。もう一度だ。体験しよう、今、ここで私と

"I said, emotional content, not anger. Now try again. With me. "

 

諭された若者。そうか、

蹴りに怒りの感情を込めろという意味ではなかったのか、と理解。

今度は、力むことなく、しなやかな蹴りを放ちます。

 

それは良い蹴りだったのでしょう。

ブルース・リーは無言のまま構えを解かずに次を待ちます。

若者は何も言われなくても、もう一度、

自分のタイミングで蹴りを出します。

 

「よし。君自身にとって、どんな感覚だった?

"That' it. How did it feel to you? "

少し表情を緩めるブルース・リー。

 

すでに若者は感覚として情にまつわるなにかを体感した、

そういう展開なのです。

ブルース・リーは、もう教えるのではなく、

耳を傾けて

彼の直感的な言葉で表される感覚について聴こうとしています。

 

言葉を選ばずとも、

本人なりに感覚をともなって出てきたものであればそれで充分なのでしょう。

ここであのセリフ

若者は「えっと…」という意味の英語で

「ちょっと考えます…」"Let me think..."

と言い、考える仕草をします。

 

それに対しブルース・リーは平手を振り下ろし、

考えるな、感じろ」と言うのです。

"Don't think, Feel. "

(今の日本では叩くのはいけません。映画ですからね。)

 

ブルース・リーにとって「考える」と「感じる」は異なります

 

拳法では、相手と対峙した際に考える暇が無いので、

感覚をつかむことこそが重要なのでしょう。

拳法のたしなみが無い私ですが、たぶんそういう意味ではないかと思います。

 

その理屈は理解できますが、なんとも手厳しい。

心にとってのフィール

さて、その 一方で、

心理カウンセリングの話をしましょう。

 

人は日常生活の中で

つい情にまつわる感覚を取りこぼしたり、

頭で考えることで感覚をないがしろにしてしまう面があります。

 

なにかにつけて我慢しがちな人も、

具体的に示される数値を重視しやすい人も、

感覚が敏感すぎてコントロールしきれない人も、これに含みます。

 

いずれにおいてもカウンセリングでは

あらためて自分の感覚をとらえることがカギとなり得ます。

そこに自分の心をありのままに感じる意味があります。

 

心理学でも「考える」と「感じる」は異なります

 

しかし私は、ブルース・リーの教えと

カウンセリングでのそれが、完全に同じとはみなしていません。

 

情にまつわるものを見落としてはいけないという点は共通しています。

ですが、

拳法では相対した時に時間の余裕が無いという理由であり、

カウンセリングではときには時間を使って感覚を味わうことに意味があります。

 

感覚をゆがめずに感じるというのは、心に優しいのです。

共通点と、違いを、確認できましたでしょうか。

心の不思議な作用

心には不思議な作用があります。

最後に、そんな話をしたいと思います。

 

例えば、荷物をひとりで運ぶのと、誰かと一緒に運ぶのでは、

体験が違ったりもするでしょう。

ただ労力が半分になるだけではありません。

なんとなく心強かったり、達成感を分かち合えたり、

「あの時、一緒に運んだ」と思い出になったとしたら、

心にとって良いのではないかと考えられます。

 

体験を誰か一緒にできたら、心に作用します。

  

ブルース・リーは言っていました。

先ほどのこの台詞です。

「私は情にまつわると言ったんだ。怒れとは言っていないだろう。もう一度だ。体験しよう、今、ここで私と

"I said, emotional content, not anger. Now try again. With me. "

 

日常の中で、

情にまつわる体験をないがしろにしたり、

抑え込んできてはいませんか?

感情は自然に湧いてくるもので、

抑え込むとつらくなることもあります。

もし

ないがしろにして、つらさが増しているのなら、

心理カウンセラーにお話しください。

 

ご自身にとって

日々の体験がどんな感覚をともなっているのか

安全安心な状況で話していただける、

そんなカウンセリングの取り組みをご提供いたします。

一緒に取り組みましょう

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    


↓川越こころサポート室についてのご案内はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中