· 

理性と感情について

今回は 『理性』 と 『感情』 というテーマで書きます。

理性

理性は、

冷静に判断する心の働きを指します。

 

理性を別の言い回しで説明すると、

心の中には

「判断をする機能」 というものがあり、

それが

冷静に機能できている状態が「理性的」なのです。

 

心が良い状態だと、理性が働きやすいですね。

 

また、理性が保たれているのなら、

自らがした判断の結果に対して、

正しく反省や修正もできようものです。

感情

感情

心に湧いてくる特定の性質のもの、と考えます。

「喜びの感情」や「心配の感情」といった呼び方になります。

>> 心理ブログ 『感情について』 へ

理性と感情の関係性

理性 と 感情 は、

どういう関係にあるのでしょうか。

心理学的に解説していきましょう。

 

理性の特徴としては…

心に湧いてくる感情によって、

その働きが阻害されてしまうことがあります。

 

感情の特徴としては…

心の中で、

理性によって押さえつけられたりします。

 

そういった意味で

両者は、

いわゆる対立であるかのような関係性にあります。

 

実生活の中では、どちらかと言うと、

理性が正しいとみなされ、

感情が悪者にされがちではありませんか?

「あの人は感情的」というのは

批判的な意味合いの使われ方が多いのかも知れません。

 

心理学では、どうでしょうか?

 

まず、「感情が生じることが悪い」とみなすのは難しいでしょう。

感情は、

自然と心に湧いてくるものですから、

れ自体を否定しても仕方ありません

 

なにしろ感情の否定は、

他者によるものであれ

本人がするものであれ、

「心の働きに対する否定」と体験される面もあり、

場合によっては危険性すらあります。

…少しイメージしていただきたいのですが…、

無理やり理性で抑え込んだ感情が

心の中で解消されずに残っていて、

何年もの時間を超えて、心の中で悪く作用することもあるのです。

 

感情は、むやみに抑え込むのではなく、

その人なりに無理なく

適度に表現することが、

心の健康に繋がっています。

感情に対する評価

実生活の中では、どちらかと言うと、

理性が正しいとみなされ、

感情が悪者にされがちではありませんか?

「あの人は感情的」というのは

批判的な意味合いの使われ方が多いのかも知れません。

 

心理学では、どうでしょうか?

 

まず、「感情が生じることが悪い」とはみなさないでしょう。

感情は、

自然と心に湧いてくるものですから、

れ自体を否定しても仕方ありません

 

なにしろ感情を否定することは、

他者によるものであれ

本人がするものであれ、

「心の働きに対する否定」と体験される面もあり、

場合によっては危険性すらあります。

…少しイメージしていただきたいのですが…、

無理やり理性で抑え込んだ感情が

心の中で解消されずに残っていて、

何年もの時間を超えて、心の中で悪く作用することもあるのです。

 

感情は、むやみに抑え込むのではなく、

その人なりに無理なく

適度に表現することが、

心の健康に繋がっています。

感情を扱う注意点

そこで忘れてはならないのが、

不慣れな感情を表現する際に伴うリスクです。

例えば、

怒ることに慣れていないおとなしい性格の人がいるとして、

その感情を表現するのがどれほど大変か。

時には、

余計に混乱したり、

同時に強い罪悪感を生じさせてしまったりもするのです。

 

なんでも「表現すれば良い」とは言えないのです。

 

どのように表現していくのかも含め、

自らの感情との付き合い方を、

安全な場で時間を掛けて

検討できると良いと考えられます。

 

なお、怒りのようなネガティブな感情ばかりではありません。

「自分なんかが喜んではいけない」といった発想で、

ポジティブな感情でさえ

理性で抑え込む人はいるのです。

 

さて、ここまでは

感情を抑え込みがちな場合の話でしたが、

続いて、

もうひとつ別の側面についても解説していきます。

感情的になってしまう

理性と感情の関係性の中で、

理性の方が負けてしまいがちな人もいるでしょう。

すぐに感情的になってしまう人です。

 

「怒りたくないのに、つい怒ってしまった」

「周りが神妙な雰囲気の時に、耐えられずにふざけてしまった」

そんな体験をしている人も少なくないでしょうし、

理性が負けているがために

反省や行動の修正に至らないというのも、よくありそうな話です。

 

「理性が強く保てれば、感情に負けないのに…」と

つい思いがちですが、

理性は

様々な心の機能の総合的な働きと呼べるものであり、

単純に強くは成りません。

個人差はありますが、

特に感情のコントロールに関しては、

味わいつつも冷静に、

柔軟にいなしたり、折り合いを付けて割り切ったり、

思い切り開放してみたり、誰かと分かち合うことができたり、

経験値を積んで実感とともに成長していくものなのです。

 

いくら感情が噴出しても、

たいていは事情を誰かに話して受けとめてもらったり、

時間とともに、収まるものです。

感情が収まった状態を見計らって

理性をサポートする(してもらう)ことが望ましいでしょう。

理性と感情の心理カウンセリング

理性が感情を抑え込みがちな場合も、

感情が勝って理性が負けがちな場合も、

いずれも、

感情を否定せずになじんでいくことと、

理性を総合的に成長させていくことが重要と言えます。

 

感情と理性について、

大まかな説明にはなりましたが、

ここに書いたことをヒントにしてみてください。

 

その上で、もし、

日常生活の中ではバランスが取れなくなったら、

心理カウンセリングのご利用についても

ご検討いただければと思います。

 

心理カウンセリングは、

日常とは異なる、心にとって守られた場である、という特徴があります。

そこで、心理カウンセラーはご本人とともに、

不慣れな感情も、

負けがちな理性も、

ありのままの全てを受け容れていきながら、

感情になじみ、

理性の成長を促すように、

サポートしたします。 

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。  

鹿野 豪


シリーズ:心理アセスメント概念

『いろんな主体性』


パソコンやスマホで読める

amazon kindle(電子書籍)にて発売中