· 

カタルシスの心理

扉絵

『カタルシス』という言葉をご存知ですか?

 

今日は、この言葉の意味を共有したいと思います。

カタルシスとは

「その時、心がスッキリする」という意味です。

 

たいていは、一時的なもので、

出来事に対して起こる現象です。

 

そして、「心が浄化する」という意味もあります。

 

そう考えると、

「物事が全て解決して、もうスッキリした」

という現実の変化がメインなものや、

「気分転換をしてスッキリした」

いった気持ちの切り替えでの

スッキリというわけではないと言えます。

もう少し、心からのことです。

 

『カタルシス』の体験というのは、思い当たりますでしょうか?

スーッとするような、心が浄化されるような

スッキリする体験です。

心にとって、良い体験だと言えるでしょう。

アリストテレス(紀元前384-322)

そもそも

演劇論に『カタルシス』 という言葉を持ち込んだのは

アリストテレスです。

 

アリストテレスは、

古代ギリシアに活動した哲学者で、

のちに「万学の祖」と評されたほどに、

知識を探求し、整理して、

学問というものの基礎を創り上げました。

 

私のイメージだと、

人類の歴史上に現れた

ルネサンス期のレオナルド・ダ・ヴィンチや、

近現代の手塚治虫先生のような、

超人的な才覚の持ち主のひとりです。

アリストテレス肖像画
アリストテレス

師匠のプラトンや、

以前のブログで紹介したソクラテス

>>『心理ブログ』無知の知について 参照)が

思考の探求に重きを置いていたのだとしたら、

アリストテレスは

研究の面を評価されたと言っても良いのかも知れません。

 

「研究」という言葉から、人によっては

現代の科学技術の研究を連想するかも知れませんが、

それもある意味では繋がっています。

真理の追究としての哲学であったり、数学などは既にあったものの、

何かを体系的に研究するという発想がほぼ無かった時代に、

その基礎的な方法論を生み出した人物、

それがアリストテレスなのです。

 

現代においては当たり前に根付いている

客観性を備えたものの見方を

当時、築き上げたのです。

ただ、それがそのまま今も通用するのか?と言えば、

さすがに、

その後の人類によって大幅に更新されてしまいましたが…。

カタルシスと心理学

では、『カタルシス』に関する心理学の研究は

進んでいるのか?

というと、

残念ながら、あまり進んでいないように

私には思われます。

 

心にまつわる現象ですし、

心理カウンセリングとも密接な関係があるので、

こうした現状は、とても残念です。

 

研究が進まない理由はいくつか考えられるのですが、

憶測になるので、ここには書かないで先に進みましょう。

現在、『カタルシス』の研究をされている心理学の研究者の方々に

期待を寄せております。

 

続いて

心がスッキリとする『カタルシス』の性質について

 どんな時に生じるのかという点で考えてみました。

3つ、順にご紹介します。

その1)何かが一致した時

何かが一致した時に、気持ちがスッキリしませんか?

 

例えば、

期待と現実が一致した時。

予想と結果が一致した時。

思いと表現が一致した時。

などなど…。

 

何かが『一致』した時に、カタルシスが生じるのです。

「腑に落ちた感覚」と言っても良いでしょう。

 

演劇論にこじつけてみます。

「主人公に幸せになって欲しい」と感情移入して観ているものの、

ストーリーは困難の連続でハラハラドキドキ、

でも、最後にハッピー・エンドが待っていたら、

観ていたその人の気持ちと物語の結末が一致します。

そこで感じるスッキリした感覚が、カタルシスです。

主人公が悲劇に終わるストーリーだったなら、

そんな無情は期待と一致しませんが、

世の中にある無情さや、

かつて自分が味わった無情な苦痛と符合して、

カタルシスが生じることがあるのだろうと考えます。

バッド・エンドでのカタルシス体験には

「そういう展開なら、その結末になるだろう」という意味での

一致』が必要なのかも知れません。

 

ポイントは、なにかしらの一致が腑に落ちる体験です。

心理的に、ズレていた心の配線が繋がるようなイメージです。

 

心理学(臨床心理学)で考えてみましょう。

カウンセリングに訪れる方は、

なにかしら困難を経験して、個人的に思いを抱えているとします。

自分の思いを語るうちに、

心に抱えた思いと言葉での表現が一致していくとすれば、

そこにカタルシスが生じます。

話をする以上、

「カウンセラーに分かって欲しい」という

ごく自然な期待が湧くことでしょう。

そして「相手に伝わった」と分かった時にも

期待と結果の一致によるカタルシスに繋がります。

「カウンセリングに行こうかどうしようか」と迷った末に

「たぶん行ったほうがいい」と予想して訪れたのだとしたら、

帰り際の「行って良かった」という思いの中にも

カタルシスがあると言えます。

 

ひとつひとつは小さいかも知れませんが、

心がそうした体験をしていることを、

できるだけ見落とさないようにしたいところです。

その2)圧倒的な何かを見せつけられた時

圧倒的な何かを見せつけられたりした時に

湧きあがる感覚を

『感動』 と呼んでいます

 

すごい景色を見た時。

美しい演奏を聴いた時。

スポーツの試合で選手の素晴らしい頑張りを観た時。

誰かの健気な姿勢に胸を打たれた時。

動物が生まれた時。

懐かしいものを見て、思い出が一気に蘇った時。

静謐な建物に踏み入れた時。

 

個人差はありますが、そういった

多種多様な場面において感動する人がいるのです。

 

『感動』もカタルシスを生む心の働きと言えるでしょう。

心理的に、溜まっていた細かい雑念が流れ去るようなイメージです。

 

さらに、

『感動』はどんな感覚だと言えるでしょうか?

全てに生じるのかは分かりませんが、

感動に関連して「自分がちっぽけに思えた」と言う人が結構います。

 

さらに、感動の心理を考えてみましょう。

そこには『高揚感』があるようです。

 

そして、それらは理屈抜きなのです。

 

ここで再び演劇論にこじつけますが、

壮大なスケールのスペクタクルや

ドラマチックな展開で

圧倒されて感動することもあるでしょう。

または、その後の余韻で感動を覚えるかも知れません。

 

心理カウンセリングにおいても、

理屈では説明できない大きな思いで胸がいっぱいになり、

そして、

気持ちがスッキリするということがあるようです。

そのイメージですが

悩みを抱えてカウンセリングを訪れたある人が、

通う回数を重ね、実生活でも紆余曲折を経て、

ついに「悩みから脱け出した」と感じる時が来たとします。

自ら「もう大丈夫」と口にした途端、

それまでのたくさんの思いに圧倒されて、

高揚感とともに浄化されるようにスッキリする

大きなカタルシスを覚えることも考えられます。

 

そこで仮に「自分がちっぽけに思えた」としても、

それは個人として地に足を着けた感覚…とは言えないでしょうか?

その3)発散した時

心理的な活動によるものでも、

身体的な活動によるものでも、

善悪や後先を考えないほどのめちゃくちゃな

『発散』によって

スッキリする現象があります。

『発散』によるカタルシスです。

 

もちろん、

「そういう無茶は好きじゃない」という慎重派の人もいますが、

それを好きな人もいるでしょうし、

安全な範疇で発散できるなら問題無いでしょう。

 

「ストレス発散」という言葉もあります。

 

ただし、「短絡的な憂さ晴らしの行為は含まない」と考えます。

ただの憂さ晴らしは心の「浄化」とは言えないと判断するからです。

 

ここで、

またしても演劇論にこじつけてみます。

演劇の場合、

ハチャメチャな喜劇や、バイオレンス要素、

常軌を逸したパンクな物語、がむしゃらなキャラクター、

スポーツを題材にしたものなどが

観ている人にも『発散』を味わわせると言えそうです。

発散は、しばしば秩序に反するもので、

フィクションだから許されることもあるでしょう。

 

心理カウンセリングでも、

現実の場面で我慢を重ねてきた人が

思いっきり涙を流して発散し、

心理面のカタルシスを得ることもあります。

泣きたい自分と一致しているので、確かに、その1)にも該当しますが、

言葉で「泣きたい」と言う以上の体験になっているはずです。

 

心理的には、詰まりがちなエネルギーの通りがよくなるようなイメージです。

3つのカタルシス

上に挙げた3つの『カタルシス』は、

お分かりかと思いますが、

起きている事柄に注目すると、

客観視しても、心理面を考えても、別のことです。

 

結果だけで同じように「カタルシス」の名称で呼んでいいのか、

心理学として、その判断は難しいところです。

それぞれに別の名前をつけた方が無難なのかも知れません。

 

それこそアリストテレスはなんと言うでしょう?

いえいえ、そんな堅苦しい話ではありません。

 

ひとつは、『一致』から生じる『カタルシス』。

なにかとなにかが一致した時のスッキリした感覚を指します。

 

二つめは、『感動』から生じる『カタルシス』。

圧倒されつつ覚えるスッキリした感覚を指します。

 

三つめは、『発散』から生じる『カタルシス』。

めちゃくちゃなことでスッキリする感覚を指します。

 

その区別を明確にすれば大丈夫です。

 

なお、3つは同時に起きたり組み合わさることもあるでしょう。

カタルシスと心理カウンセリング

心があまりにもつらかったり、まいっている間は、

『カタルシス』が感じられにくいものです。

その『カタルシス』の得られなさは

本人が気にする必要ありません

 

小さな『カタルシス』、大きな『カタルシス』、

いずれも、

それ相応の工夫なり、段取りなり、

今しばらくの期間なりが必要かも知れないのです。

 

心理カウンセリングは、

ひとつずつ、ひとつずつ、『カタルシス』をつかんでいく取り組みと

考えても良いのだと私は思います。

 

一方で、

『カタルシス』を得ることが「目的」とは、ならないとも思います。

あくまで「過程」の中で生じると考えるべきでしょう。

 

最後に、これはやや漠然した話になってしまいますが、

『カタルシス』とは、

何度も体験することで

活力を生じさせてくれる心の働きなのではないか

と私は考えています。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    

鹿野 豪

川越こころサポート室のロゴ

電子書籍紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中