· 

聴く技術(2)

扉絵

トラ(左)「ネットで注文した棚が届いたんだけどさ」

ミケ(右)「へぇ」

トラ「それが写真と全然違ったんだ」

ミケ「そうなの?」

トラ「家族に話したら「ちゃんと確認しないのがいけない」って言われちゃった」

心理カウンセラー

鹿野の顔写真
鹿野(公認心理師・臨床心理士)

こんにちは。鹿野です。

 

心理カウンセラーは、

話を「きく」と書く時に、

「聴く」という漢字を使います。

 

トラとミケの会話を通じて

その技術の断片をお伝えしようと思います。


できごとの流れに注目

心理カウンセラーは、心の体験を理解しようとつとめます。

 

できごとの体験には、おおまかに次のような流れがあります。

(1)それより前

(2)できごとの瞬間の反応

(3)その直後の心の動き

(4)しばらく経って残った思いや気持ち

(5)体験を語っている今現在の気持ち

(6)その後の心の持ちよう

 

なお、これらはあくまでおおまかな分類であって、

すべての場合に当てはまるわけではありません。

猫たちの会話

トラはこんな体験をしたそうです。

ネットで棚を注文。

後日届いて、開封したら「写真と全然違った」。

家族に話したら「ちゃんと確認しないのがいけない」と言われた

 

この体験の中心軸を

開封した際に「写真と全然違った」に置いてみましょう。

 

それより前に、なにを体験していたでしょうか。

商品を期待していたことが予想されます。

その期待はどのような思いからだったのでしょうか。

これはトラに聴いてみないと分からないでしょう。

 

できごとの瞬間

困惑でしょうか、それとも意外と冷静だったのでしょうか。

また、似たような体験を何度目かでしょうか、初めてでしょうか。

 

直後に感じたのは、腹立たしさでしょうか、落胆でしょうか、それとも?

 

しばらく経って、どんな気持ちが残ったのでしょうか。

それはどう行動したかによっても変わるかと思われます。

家族に「ちゃんと確認しないのがいけない」と言われています。

 

それらの体験をミケに語りながら、気持ちはどう動くでしょうか。

 

いずれも理解するには、トラの言葉を聴くことになるでしょう。

体験を丁寧に聴く

心の動きを理解していくために、

心理カウンセラーは

どう体験したのかを尋ねることもあります。

このブログのために私が書き起こしたものですが、

あらためて載せておきますね。

 

(1)それより前

(2)できごとの瞬間の反応

(3)その直後の心の動き

(4)しばらく経って残った思いや気持ち

(5)体験を語っている今現在の気持ち

(6)その後の心の持ちよう

 

カウンセリングは、

詳しく事情聴取するわけではないので、

理解の共有の必要性に応じてかいつまんで質問します。

また、カウンセラーは「このできごとで

なにを感じたりどう思われたのかについては

少し詳しくお聴きしたいのですが…」などと前置きで

了解を得ることもあるでしょう。

返答に「正解」「不正解」は無く、

その時々に出てきた言葉で語っていただければ

それがなによりです。

 

一方で、

日常会話では何気なく過ぎていくことの方が多いかも知れません。

必ずしも逐一に確認する必要は無いからです。

それでも、時には相手の心の動きを気にかけて

聴くのも良いのではないでしょうか。

 

トラ「ネットで注文した棚が届いたんだけどさ」

ミケ「へぇ」

トラ「それが写真と全然違ったんだ」

 

ここで、

注文した際(できごとより前)には、どのような思いから、

どんなものを期待していたのか。

「全然違った」と分かった時にどんな反応が心に起きたのか。

 

聴くということ、心に寄り添うということ、

今回のブログがヒントになればさいわいです。

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    


↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中