· 

感情について

今日は 『感情』 という言葉を

心理学の用語として解説します。

感情とは

心の中に湧いてくる情にまつわるもので、

それぞれ、なんらかの性質を持っています。

 

よく使われる言葉なので当たり前のようですが、

改めて、

感情とは

心の中に湧いてくる」と

なんらかの性質がある」という

ふたつの特徴をしっかりと押さえておきましょう。

 

理解を深めていく足掛かりになるはずです。

感情の種類

「喜怒哀楽」とは言いますが、

心に湧いてくる感情には、

まだまだたくさんの種類があります。 

 

例えば、

「心配の感情」というものもあります。

心配という性質の感情が

心に湧いてくる現象を

イメージができますでしょうか?

「洗濯物が風に飛ばされていないか心配する」と

「大事な発表会を心配する」では、

事柄の意味や本人にとっての重要度こそ違うでしょうけど、

そこに湧いている性質は共通して「心配の感情」です。

 

感情は、何種類あるの?という疑問に対する答えとしては、

使われている言語によって変わってくると考えます。

日本語では「恨みの感情」と「憎しみの感情」を分けていますが、

別の言語の人は「同じ言葉で言い表しているよ」と言うかも知れません。

逆に、

日本語ではひとつの言葉で表している感情を、

性質の違いで細かく分けている言語もあるでしょう。

「洗濯物を心配すると、発表会を心配するは、少し意味が違うから、

こっちの言語では別の言葉で言うよ」というわけです。

重要なのは、

実際に心に生じる感情を把握する上で

充分な種類の分類がそろっていることだと思います。

 

…充分にそろっているのが望ましいとはいえ、

「うちの言語では、「惨め」に相当する感情の言葉は無くて、

そのあたりはだいたい「悲しい」と言ってる」とするなら、

その言語に可能な表現で心に湧いてくるものを捉える工夫を

していくしかないわけですが。

感情が問題になる時

人は心で感情を体験していきます。

心の健康を考えると、

適度に体験して、表現していけるのが良いと思われます。

感情が爆発したり、溢れ出したとしても、

しばらくして冷静になれるのであれば、さほど問題無いでしょう。

 

でも

なにかしら心の中に矛盾や都合の悪さがあったり、

 その感情に馴染めなかったり、

感情を暴走させる隠された理由があったりといった事情で、

理由はひとつとは限りませんが、

適度もしくは適切に味わえなくなってしまうことがあります

 

「自分はいつも素直に感情を味わっているよ。問題は起きてないよ」

と言う方もいるでしょうけど、

例えば、絶対に喜んではいけない状況や関係性の中で、

部分的に喜ばしいことがあったら、

と考えてみてください。

誰にでも、

その相反する感情が強いものであるほど、

心の中でのこじれは起こってしまいかねないのです。

 

また、

強い感情は、一時的にであれ理性の働きを阻害します。

それによって、

困ったことに、

感情的な捕らわれが生じることや、

感情を処理するための不適切な対処法を身につけてしまうこともあります。

 

理屈で考えれば、

感情を上手にコントロールしたり、

こじれた感情を整理したり、

気持ちの切り替えを身に付けたりできれば良いとも言えますが、

それが苦手な人には、どうしても苦手なものなのです。

感情と心理カウンセリング

理性が感情に負けてしまわないためには、

感情とそれにまつわる体験を自ら把握して理解していくことが重要です。

 

そして、そのサポートをするのが、

心理カウンセラーの役割でもあるのです。

鹿野 豪

川越こころサポート室ホームへ

電子書籍のご紹介


amazon kindle(電子書籍)にて発売中