ご飲食について・川越こころサポート室

扉絵

カウンセリングを迷われている方に、川越こころサポート室を知っていただくためのお話です。

室内でのご飲食

「カウンセリングの時間の前に食べるヒマが無かった」という方もいらっしゃるでしょう。 

川越こころサポート室では、おにぎりやサンドイッチなど、匂いの残らないものでしたら持ち込んでご飲食いただいても大丈夫です。

お茶とお菓子

こちらのサービスとしてお飲み物とお菓子をご用意しております。

 

個人的に不要であれば、不要とお伝えください。

また、一度は「不要」とされても

改めておっしゃっていただければご用意いたします。

 

他のカウンセリングでは、あるところと無いところがございます。

あえて調べてはいませんが、

日本国内では用意されていないところの多い印象があります。

おもてなし

川越こころサポート室では、

カウンセリングにかようこともまた

生活の一部と考えています。

カウンセリングでお茶やお菓子が用意されているのも、

おもてなしのひとつと思っていただけるとさいわいです。

 

病院を受診してお茶が出ることはなくても、

友人の家に行ってお茶が出ることはあるのかも知れません。

後者のような、おもてなしのイメージです。

 

カウンセリングに訪れる全ての方がそうとは申しませんが、

生活の中で誰かのおもてなしを受ける機会が得られなかったり、

ちょっとしたホッとするやりとりが失われているのだとしたら、

私はこれも心をあたたかくしていくサポートのひとつにしたいのです。

専門的な話

蛇足ですが、心理カウンセラーの方々向けの

心理学の専門的な話をいたします。

一般の方々は、ここは読み飛ばしていただいて結構です。

 

心理学では、

過去に誰かしらに対して覚えた感情を

カウンセラーに向けて再体験・再燃するという現象に注目し、

「転移(てんい)感情」と呼び、

そこに深く心をケアする可能性が広がっているという考え方があります。

 

川越こころサポート室のおもてなしに対して、

「気持ちを整理する上で転移感情を検討することは有効なのに、本来のその感情を感じにくくさせる」つまり「ネガティブなことを言ってはいけない雰囲気にさせる」

という指摘を受けたとしてもおかしくありません。

 

ただ、私も臨床心理士ですが、その指摘はあたらないと考えています。

常識の範囲内でのおもてなしがあり、信頼関係が築かれていった間柄に、

転移感情を一緒に検討する可能性は残ると考えるからです。

 

「本心や感情を言いにくい」となる必要はございません。

カウンセリングを、いらっしゃる方にとって有意義な時間にしたいと思っています。

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中