· 

HSPについて

扉絵

『繊細さん』という本のヒットにより、

繊細な人を意味するHSPという言葉が広まりました。

本を手に取ったり

ネットで解説文や動画に触れた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

日本国内で広まったものに関しては、

傷つきやすかったり、敏感で

(本のタイトル通り)繊細だったり、

ものごとを気にし続けがちだったり、

感受性の振幅が大きかったり、

などの心理面の特徴を表す言葉とされています。

 

ここでは、臨床心理士であり心理カウンセラーとして

私見を記しますので、ご参考にしてください。

「自分はHSPにあてはまる」というみなさんへ

HSPに関する情報に触れて

「自分はHSPかも…」と思われた方。

 

 

ひとくちに「HSP」と言っても事情は様々なはずです。

それぞれの心理状態によっても、

身を置いている状況によっても、

ひととの関係やものごとの取り組みによっても、

体験は異なるでしょう。

 

心理カウンセリングをご利用の際には

ご自身の特徴において

どういった体験をされているか

 

思いをそのままお伝えください。

 

臨床心理学者のとまどい

『繊細さん』の本によって

HSPという言葉が世に広まっていきました。

 

『繊細さん』やHSPという言葉によって

前向きな希望をいだくに至ったといった話も読みました。

また、事情を説明するのに

 

「自分はHSPなんです」は言いやすい場合がある

のだとしたら、それは以前は盲点でした。

「HSPという言葉で救われた」というお気持ちは真摯に受けとめます。

 

その一方で、実は、

私を含めた心理学の専門家たちが

若干やきもきしている現状もあります。

というのも、

HSPという言葉は

心の特徴を言い表すには

意味があまりに広すぎるのです。

 

その中にさまざまな要素が含まれすぎます。

それがどういうことかと言うと、

なにかを説明しているようで、なにも説明していない状況を生みます。

すると、HSP仲間と思っていたような

同じくくりと思っていた人たちの間で

「なんだか、この人と自分はHSPと言っても根本的に違う」と

いうことが起こるのではないでしょうか。

 

そんな時は、

HSPという言葉以外で説明できるものは無いか

考えてみたり相談していただければと思います。

 

ここでは私なりに「この心の現象を心理学で扱うとしたら」と

考えてみました。それが次の項です。 

私はこう考えました

「繊細さ」の中心となる要素は

心理学では刺激に対する敏感さ」

置き換えられるでしょう。

 

刺激はどこからくるのか。

心の仕組みの上で、次のように分けられます。

 

(1)外界から(見聞きしたものや周りの人との関わりなど)

(2)身体から(痛みや緊張、ホルモンバランスなど)

(3)心の中から(自分自身の思いや感情、記憶など)

 

心が受ける刺激は、この3つの

「どれかから」または「複数から同時に」もたらされます。

 

しかも心の『感度』が敏感であるほど、刺激は、

圧倒されるほど急速に大きくなったり、

一度でスッと収まらずに心の中で反響したり

しがちです。

 

ここまでの説明は、心の『感度』の話になります。

『感度』とは、敏感さ・鈍感さを表す用語です。

 

そこから先、

「相手の反応を気にする」「罪悪感を覚えやすい」「感化されやすい」

などは『感受性』や『感性』です。

『感度』と連動しますが、別の働きです。

 

個人の個性を考える時、

まず『感受性』や『感性』の性質に軸を置いた上で、

その『感度』が敏感か鈍感かに注目することになるでしょう。

『感度』の程度もそれ自体が人の個性を表すことはありますが、

どちらかと言うとたいていは『感受性』『感性』の方に軸があります。

 

このように心理学には心の仕組みを説明する言葉が様々にあります。

 

「自分はHSPかどうか」というくくりだけではなく

あくまで個人的な体験や思いをお伝えいただきたいというのは

そういった理由からなのです。

鹿野の顔写真

鹿野豪

公認心理師(登録番号 : 2225)

臨床心理士(登録番号:  17852)

>> はじめまして

川越こころサポート室のロゴ


↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中