· 

HSPについて

扉絵

『繊細さん』という本の人気により、

繊細な人を意味するHSPという言葉も広まっています。

本を手に取ったり、ネットで解説文や動画に触れた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、臨床心理士であり心理カウンセラーとして

私見を記しますので、ご参考にしてください。

「自分はHSPにあてはまる」というみなさんへ

HSPに関する情報に触れて、

「自分はHSPかも…」と思われた方

心理カウンセリングをご利用の際には

どういった体験をされているか、思いを

そのままお伝えください。

 

ひとくちに「HSP」と言っても事情は様々です。

身を置いている状況によっても、

ひととの関わり方によっても、

心理状態によっても、

そのほかの要素によっても、

体験はそれぞれ違っているはず

 

大事なのは基本的に唯一無二の本人の体験なのです。

 

なお、「HSPなのか、どうか?」 は、

大きな意味を持たないと考えられます。

本を読んで「自分もだ」と共感されたとはいえ、

人の心が単純なタイプ分けでくくれるとは言えない

というのが理由です。

 

ぜひ個人的な事情や思いを、思いのままにお話しください。

臨床心理学者たちのとまどい

『繊細さん』の本が売れ、HSPという言葉が世に広まっていく

その一方で、実は、

心理学の専門家たちがやきもきしている現状もあります。

というのも、HSPという言葉は

傷つきやすい人にはおおよそ当てはまるであろうし、

意味があまりに広くてあいまいすぎるからです。

 

例として「おおらかさ」という性質を心理学で扱うのが難しい

と言えば伝わるでしょうか。

それはもう「どうとでも言える話」です。

ほぼ逆の性質のHSPも、その中に実にさまざまな要素が含まれすぎるのです。

 

…とはいえ…、という面もあります。

心理学者の戸惑いはいったん脇に置いといて、

心理カウンセラーの立場から考えると、

『繊細さん』という言葉が多くの人の胸に響いて

前向きな希望をいだくに至ったのであれば、

その点は認められるべきです。

また、

心理カウンセリングの場で

「僕って、ささいなことに傷ついちゃうんです」など

素直におっしゃられる方も少なくはありません、

ですが、

「僕ってHPSなんです」の方が言いやすい場合がある

のだとしたら、それは盲点だったと考えられます。

 

「HSPという言葉で救われた」というお気持ちは真摯に受けとめたいです。

 

改めて、悩ましいのは学問での取り扱いでしょう。 

私はこう考えました

心理学で「繊細さ」という特徴は、

「刺激に対する敏感さ」という言葉に置き換えられるでしょう。

 

ここで少し、心の仕組みの話をします。

 

心への刺激はどこからくるのか、それは次のように分けられます。

(1)外界から(見聞きしたものや周りの人との関わりなど)

(2)身体から(頭痛といった痛みやホルモンバランスなど)

(3)心の中から(思いや記憶など)

心が受ける刺激は、この3つの

「主にどれかから」または「複数から」もたらされます。

 

しかも敏感な性質があれば、刺激は心の中で反響して増幅しがちです。

つまり刺激が心の中で大きくなりがち、長く残りがちという意味です。

 

ここまでの説明は、心の「感度」の話になります。

「感度」とは、敏感さ・鈍感さを表す用語です。

 

そこから先、

「相手の反応を気にする」「罪悪感を覚えやすい」「感化されやすい」

などの感受性は、感度とも関係しますが、別の心の働きです。

 

心の機能の種類には、感度があり、それとは別に感受性があるのです。

感度と感受性は連動しますが、組み合わせて考えていくのであれば、

まず感受性の性質に軸を置いた上で、その感度に注目することになるでしょう。

(もし仮に「HSPの人しか持たない特殊な感受性」が存在するなら話は別ですが…気にしたり、罪悪感を覚えたり、感化されたり、どれも多くの人にあることです。)

 

このような感度と感受性の区別が無いために、

HSPは意味がまとまらないのです。

 

こうした理由から、

心理学を背景に心理カウンセリングを行なう専門家は

HSPという言葉に無条件に乗らないのが無難です。

3つの提案

感受性と感度という心理学的な捉え方について述べてきました。

その上で、

実際に心理学者や心理カウンセラーはどうしたらいいのか、

3つの方針を提言します。

それは、否定しない、訂正や修正をしない、発信しない、です。

 

(1)否定しない

実際に「自分はHSPだと思う」という方々がいらっしゃいます。

まずは耳を傾けて思いを尊重しましょう。

その方にとっての個人的な意味や思いを、誠実に受けとめましょう。

それぞれの体験を知り、HSPというくくりではなく、

臨床心理学の理解に基づいて対応の方法を検討しましょう。

逆に、誰も得しないのは

「HSPって精神医学でも心理学でも扱えないくくりだから

困るんだよね」などといった無下な返答で、誤った対応です

 

(2)訂正や修正をしない

HSPという言葉の意味は実に多様で、

「繊細である」としかくくりようがありません。

収拾がつかないものと私には見えます。

概念の訂正や軌道修正することはあきらめてはどうでしょうか。

それでも、傷つきやすい方々へのサポートは充分に可能です。

 

(3)発信しない

心の専門家はこれからも、繊細さに悩む方々の心について、

そしてその方々のサポート方法について、引き続き考えましょう。

そして誠実な実践に専心しましょう。

HSPを議論することも、看板に「HSPに対応します」と書くのも、

流行に乗っているという以上のメリットはありません。

そうすると、

「HSPについて発信しない」というのが残された方法かと思います。

HPSについて

いかがでしたでしょうか。

 

一般の方々が「HSP」「繊細さん」という言葉を使うのは

まったく問題無いと私は考えていますし、

カウンセリングの場で、またはお申し込みの際に、

「HSPなんです」とおっしゃっていただいて大丈夫です。

そのまま「繊細さ」を意味する言葉として受けとめられます。

本に書いてあったりネットにある情報をヒントに使いつつも良いです。

 

なにも否定されたりしません。

「自分はHSPだと思います」で良いのです。

 

ご自身の体験にそって一緒に考えていきましょう

それはこれまでも心理カウンセラーがしてきたことです。

 

心理学の用語の基準に満たない言葉が

あたかも専門用語であるかのように広まっていく。

そのことが「HSPの特徴」に当てはまる方々にとって

本当に得なのか、はたまた損なのか、

実際のところ私にはなんとも言えません。

 

みなさんはネットをお使いになると思います。

HSPという言葉が流行ってから世に現れた

HSP専門のカウンセラーをどう思われますか。

できれば普通に、皆さんそれぞれが足を運べる場所で活動する

臨床心理学に基づいて活動をしてきた

有資格のカウンセラーをお探しいただければと思います。

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中