· 

誰かといても孤独

扉絵

「孤独はつらい」と言われます。

 

「孤独はつらい」と感じるのです。

それは、なぜでしょう?

 

そもそも生物として、我々の遺伝子に

「孤立は危険だ」というものが

インプットされているからなのかも知れません。

 

ですが、確かに動物の一種とは言え、

すでに人間は進化し高度に発達してきました。

 

今回は、

孤立と孤独の意味について

改めて整理していきたいと思います。

孤立とは

孤立というのは、

ひとりきりで、助けの得られない状態にいる

という意味です。

 

ネガティブな側面を挙げるなら、

孤立無援という言葉があるように

助けが無く

気持ち的にも立場的にも不利な状態にあります。

 

逆に

ポジティブな面とすれば、

人間関係の様々な

わずらわしさが無くて済むことでしょう。

割り切ってしまえれば

好きにふるまえて気ままなものです。

 

かなりザックリした説明ですが、

孤立についてはそういうものと考えます。

孤独とは

孤独の意味は

本人と他者との間に心の交流や理解が無いことです。

 

また、

『孤独感』は、孤独のつらさを感じることです。

 

『孤独感』のつらさには、

遺伝子レベルで孤立を避けたがる影響に加えて、

人間に他者と関わる際の情があることが

関係しているのかも知れません。

 

情にまつわる交流は、理屈抜きで

心を豊かにしてくれます。

孤独は、それが無いということです。

それはむなしいはずです。

 

孤独のネガティブな面を挙げるとしたら、

『孤独感』の感覚的なつらさだと言えるでしょう。

孤独にさいなまれて気を病んだり、冷静さを失って

客観的には良くないとされる行為におよぶことが

心配されます。

孤立や孤独を避ける努力

孤立や孤独を避けるための努力をする人もいます。

 

例えば、

見栄を張って無理のある行動を続けたり。

言いたいことを言わずに我慢したり。

周りに度のすぎた同調をし続けたり。

などなど…。

 

孤立や孤独を避ける努力が続いた結果、

疲れ果ててしまうこともあるのです。

 

「孤立はイヤ」「孤独もイヤ」なのは分かりますが、

気をつけなければ、

その努力の末に心の調子を崩すこともあるのです。

孤独のポジティブな面

さて、

孤独にポジティブな面はあるのでしょうか。

ついネガティブな面が注目されますが、

言葉の意味に立ち返って考えてみましょう。

 

孤独とは、

本人と他者との間に心の交流や理解が無いことでしたね。

 

例えば、

見栄を張らずに、無理せずにいられる。

言いたいことを我慢せずに言える。

度のすぎた同調から解放される。

などなど…。

 

言わば自由。

 

周りに流されずにより自由な自分でいられるのが

孤独の良いところでしょう。

 

ひとりで食べ歩きをする

「孤独のグルメ」という漫画・ドラマ作品がありますが、

そのタイトルには「孤独の」とつきます。

あれです。

孤独という言葉のポジティブな意味を適用して、

主人公が自分のグルメの価値観とトコトン向き合っている、

といった作品なのだと思います。

 

確かに、

「孤独のグルメ」においても

孤立という状況を設定してはいますが、

孤立と孤独は

区別できるのではないでしょうか。

誰かといても孤独

ここで、

ブログのタイトルにある

「誰かといても孤独」について書きたいと思います。

 

誰かといても孤独を感じる時とは

どういうことでしょうか。

 

孤独とは、

本人と他者との間に心の交流や理解が無いことでした。

 

誰かと一緒にいても

心の交流や理解が断絶していると感じたなら

孤独を感じる時と言えます。

 

こんな場面を考えてみましょう。

周りの全員が「Aだ」と言っても、

自分が「Bだ」と思って「Bだ」と主張する

のだとしたら、

実はその瞬間、孤独に針が振れているのです。

ほんの、ほんの一瞬。

その断絶に気づかない人もいるでしょうけれど…。

 

意見の違いが浮き彫りになっていけば、

ひとりの孤独も浮かび上がってくるかと思います。

 

そういうわけで、より丁寧なコミュニケーションでは、

「みんながAと言うのも分かるよ。ただ、

自分はBだと思う。その理由は…」といったように

お互いの『孤独感』を緩和しながら進めるのでしょう。

ほんの一瞬だけ生じる感覚だとしても、

コミュニケーションの工夫によって

お互いが心の交流や理解のとぎれるつらさを

味わわないように補完を試みたりするものです。

 

いずれにしても、誰かといても孤独はあります。

 

問題となるのは、

孤独をつらいと感じる『孤独感』です。

孤独感の問題

孤立にも、孤独にも、

ネガティブな面とポジティブな面がありました。

いずれも、

バランスがとれれば最良です。

 

それらのバランスをとれなくさせるのは、なにか。

それこそが

『孤独感』だと言えるでしょう。

 

『孤独感』のつらさ、その怖さに引っ張られて、

孤立や孤独をバランスよく使いこなすのが難しくなるのです。

 

『孤独感』のつらさの感じ方はひとによって違います

たいして感じないひともいれば、

猛烈にさいなまれるひともいます。

 

どうすれば『孤独感』を克服できるのか、

それも様々な道のりがあります。

孤立や孤独の状態に無理矢理にでも慣れるのが近道に思われるかも知れませんが、

もしくは

心の交流や理解をあきらめるのが近道に思われるかもしれませんが、

それらでは心の中に未練やわだかまりを残しかねません。

むしろ

孤独じゃないという感覚になじんでいくことが心の安定に繋がると考えられます。

 

孤独じゃないという感覚というのは、

人と人の間に心の交流や理解があることです。

 

心理カウンセリングは

それを体験するひとつの場所とお考え下さい。

日常の生活とは違います。

カウンセラーと会うのは決まった時間だけです。

その守られた場で存分に思いを語り、

きっと孤独じゃない感覚を味わい、

その感覚になじむことができるでしょう。

 

そこで『孤独感』に引っ張られない心を

育てていただきたいと思います。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    

鹿野 豪

川越こころサポート室のロゴ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中