禁則事項・川越こころサポート室

扉絵

カウンセリングを迷われている方に、川越こころサポート室を知っていただくためのお話です。

カウンセリングでのルール

次に挙げる4つを守って、安心で安全なカウンセリングに取り組んでいきましょう。

 

(1)プライベートでの交流の禁

公認心理師・臨床心理士はカウンセラーとして出会った方とプライベートでの交流はできません。いわゆる公私混同は、この業界では厳しく禁じられているのです。

 

例えば、買い物の最中など偶然にお会いした場合には、挨拶する程度となります。たまたま同じ町内で、町内会が一緒で、といった場合、なにくわぬ顔で各々の役割にそった行動になるでしょう。悪しからずお願いします。

他の業種であれば「お客さんと店員で趣味が同じで仲良くなって遊びに行くようになった」といった話もありえるかも知れませんが、川越こころサポート室では起こりえないことなのです。

 

 

心理面の支援はあくまでサポート室内で行なうことにご了承ください。

(2)贈答の禁

物品の贈答はできません。手紙や写真も同様です。

冗談めかして「私も弱い人間ですから」なんて説明をしますが、高額な贈り物を贈られると、それによってどちら側の心理にもなにかしらの影響がおよぶおそれがあります

また、「どこからが高額ではないか」の線引きというのもできないことから、手紙や写真も同じく受け取れないことといたしました。

 

私は、物ではなく言葉で充分にお気持ちを受けとめたいと思います。

(3)禁煙

施設内禁煙建物内は禁煙となっています。

 

これは一般のカウンセリングというよりも、建物のルールです。

(4)暴力、暴言および業務妨害の禁

暴力、暴言および業務妨害はなさらないように願います。

悪質なものは、全体の業務を護るために法的な措置をとらざるを得ません。

 

よろしくお願いします。

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中