· 

自己欺瞞とは

自己正当化の扉絵

『自己欺瞞 (じこぎまん)』 とは、

自分で自分をだますことです

 

自分で自分に嘘をついたり、

本心と反対の態度をとったり…。

そういった思考や行動で、

自分自身をだましてしまうことなど、

あるのでしょうか?

 

するのも、

されるのも、

どちらも自分です。

 

自分の嘘に、

自分がだまされてしまうことなど、

あるのでしょうか?

 

…あるんです。

 

そういうことも起こるのが、

人の心の奥深さなのです。

 

ほとんどしないような人も

いるにはいますが、

たいていの人がします。

このタイミングで特定の例を挙げるのははばかられますが、

それ自体は恥ずべきことでもありません。

 

怖いものでもありません。

 

「心には、そういう働きもある」と興味を持っていただければ

そこが理解を深めるスタートラインだと思います。

自己欺瞞という心の働き

「本人は自己欺瞞を自覚しているのか?」となると、

自覚していないのかも知れません。

そもそも、

自己欺瞞は自覚しにくいものなのです。

「不都合な事柄を自覚しないために

自己欺瞞をしているのだ」とも言えるでしょう。

 

自己欺瞞には、

自分の心を保つために行なう面があります

 

一方で、

本心から目をそらすことで、

自分を苦しめてしまう場合もあります

 

心の苦しさには個人差があるので

このような」とは言えませんが、

共通しているのは、

心の中の自己欺瞞に縛られて、

苦しい状態になるという点です。

自己欺瞞を乗り越える

自己欺瞞と反対に相当するのは、正直さ」と言えるでしょう。

また

自分を縛ってしまっている

という意味での自己欺瞞の反対であれば「自由」です。

 

心の正直さや心の自由を

手に入れていくために、

なにができるでしょうか?

 

現実の場面で、もっと正直にひとに話をしてみよう、

思い切って自分を縛っているものを打ち破ってみよう、

というのも、

確かに

上手くいく可能性はあります。

自己欺瞞と心理カウンセリング

私からのご提案としては、

現実の場面で試みるよりも

リスクが低いであろう方法に、

心理カウンセリングがあるということを

お伝えします。

 

心理カウンセラーは、

自己欺瞞をしなければならなかった現場にはいない、

第三者という他者です。

自己欺瞞に対して、

とやかく言いませんし、

むやみに指摘したり批判したりはしません。

 

そんな心理カウンセリングという安全な場で

自らの体験をありのままに語ろうとすることで、

心は

正直になっていき、

自己欺瞞から自由にもなっていけると考えられます。

自己欺瞞の注意点

自己欺瞞」という言葉は、

漢字がややこしい(私は書けません)

というのもありますが、

誰かが使ってるのを聞いたこともありません。

 

その理由は定かではありませんが、

人間関係で、

あえて弱みに触れないという美徳もあるでしょう。

本人にとって、

薄々は本当のことに気づいていても、

自分をだましておいた方が良いというのが

自己欺瞞なのです。

 

映画やドラマなどの

物語のクライマックスで

「あなたは自分の心に嘘をついてるんだァー!」

というセリフはあっても、

日常では

めったに聞くことはありませんよね。

 

このブログを読んだ方が、

さっそく

周りに対して「それって自己欺瞞だよね」を

乱発してトラブルになっても、

私は責任を負えません。

『自己欺瞞』 は、

やや取り扱い注意な言葉でもあるのです。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。   

鹿野 豪

トップページへ

電子書籍のご紹介

シリーズ:心理アセスメント概念

『いろんな主体性』

いろんな主体性の表紙

パソコンやスマホで読める電子書籍。

amazon kindle にて発売中。