· 

聴く技術(1)

扉絵

ミケ(右)「新発売のキャットフード。昨日、うちで食べたの」

トラ(左)「へぇ」

ミケ「これまでのと違って、柔らかかったよ」

トラ「そうなんだ~」

ミケ「どっちかと言うと歯ごたえがある方が好きなんだけど、柔らかいのも悪くないなって思う」

心理カウンセラー

鹿野の顔写真
鹿野(公認心理師・臨床心理士)

こんにちは。鹿野です。

聴く技術のブログへようこそ。

 

心理カウンセラーが

話を「きく」と書く時には、

ただ耳で「聞く」のではなく、

語りとして「聴く」の漢字を用います。


親身に聴くことを常に心掛けています。

ただ実は、それだけではなく、技術の面もあります。

 

今回のブログでは、その断片をお伝えしようと思います。

話の場に注目

体験談をする際に、ふたつの場面があるということは、

普段、意識されているでしょうか?

 

「昨日、うちで食べたの」といったように、

過去に、ここではないどこかで、

経験したことを伝えようとします。

 

また、

それを伝えようとしている状況に関しては、

いま、ここで、と言えるでしょう。

 

場面は、おおきく言うと、これらふたつに分けられます。

「過去に、ここではないどこかで」と「いま、ここで」です。

ゼア&ゼン

「ここではないどこかで」「過去に」。

英語ではそれぞれ

「ここではないどこか」=「ゼア(there)」

「過去に」=「ゼン(then)」と言います。

 

「あの時あそこで」は「ゼア・アンド・ゼン」と憶えてください。

 

ミケ「新発売のキャットフード、昨日、うちで食べたの」

  

これはゼア&ゼンの話です。

その時の感想が、次のように続きます。

 

ミケ「これまでのと違って、柔らかかったよ」

 

これも同様にゼア&ゼンにおける体験です。

ヒア&ナウ

「ここで」「今」。

英語でそれぞれ

「ここで」=「ヒア(here)」

「今」=「ナウ(now)」と言います。

 

「いまここで」は「ヒア・アンド・ナウ」と憶えてください。

 

ミケ「どっちかと言うと歯ごたえがある方が好きなんだけど、柔らかいのも悪くないなって思う」

 

この内容は、ミケが目の前のトラに、自分の思いを伝えているところです。

なので、ヒア&ナウのことです。

 

内容の他に、ミケとトラが話をしていること自体をひっくるめて

ヒア&ナウだと言えます。

ゼア&ゼンとヒア&ナウ

ゼア&ゼンとヒア&ナウについてはよろしいでしょうか。

 

心理カウンセラーは、これらの区別を意識して、

お話をお聴きしていくという技術を使っています。

 

ゼア&ゼンについては

「その時、どう思われましたか?」や

「その後は、どう感じたんですか?」などと尋ねるでしょうか。

 

ヒア&ナウについては

「今はどう思われますか?」や

「お話しをされて、どんな感じが湧きますか」と尋ねたりもします。

 

こういったゼア&ゼンとヒア&ナウのバランスを使って

心を活かす方法を見出していきます。

これは心理カウンセラーの「技術のひとつ」と言ってもいいと思います。

 

ちなみにですが、

「つらかった体験をお話しされて、今、どんな感じが湧きますか」

というヒア&ナウの問いかけに対して、

時と場合によって率直な答えも異なることでしょう。

・「特に何も感じません」

・「話していて、なんだか、あの時の嫌な感覚が戻ってきました」

・「ここで話したら、気持ちがスッキリしました」

どれが「正解」や「不正解」といったことではありません。

カウンセラーはその心の様子を理解していきたいのであって、

感じた通りにお答えいただけるとありがたいのです。

 

過去といまを区別していくことで心が癒される道もあれば、

再体験によって心が納得いく変化に至る道もあります。

これ以上は残念ながらブログで語れる範疇を超えてしまうので、

ここでとどめておきましょう。

 

さて、今回はカウンセリング入門ではなく、

一般の方にも聴く技術をお伝えしようというブログですので、

あらためて、その視点に戻って進めます。

 

会話には「ゼア&ゼン」と「ヒア&ナウ」があるという話でした。

猫たちの会話

ミケ「新発売のキャットフード。昨日、うちで食べたの」

 

これは、過去の別の場についてのお話(ゼア&ゼン)ですので、

反応としては、

トラは「へぇ、どんな感じだった?」と返すのもありでしょう。

ゼア&ゼンに関心を向けるのです。

 

続いて、

 

ミケ「どっちかと言うと歯ごたえがあった方が好きなんだけど、柔らかいのも悪くないなって思う」

 

これは、ミケがトラに自分の感想を伝えています(ヒア&ナウ)。

丁寧めな反応だと「そうなんだ、柔らかいのも悪くなかったんだね」と

両者の関係で感想を受けとめたことを伝えるのもありでしょう。

ヒア&ナウ、ミケが感想を伝えているという点に注目しましょう。

さいごに

このブログの最後に、

心理カウンセリングの「構造」と呼ばれるものについてご説明します。

 

心理カウンセリングに通うのなら、

それは、いつもどおりの日常の中に

カウンセリングという非日常的な時間を作るという形になります。

そこには「ゼア&ゼン」と「ヒア&ナウ」の区別が容易に線引きできます。

心理カウンセラーにとって、目の前のことは「ヒア&ナウ」、

お聴きしている語られる内容が「ゼア&ゼン」なのですから。

 

一方、

日常で関わっている人同士であれば、

話が連続しているので、

区別はあいまいにもなりやすく、時として難しいはずです。

例えば「ちょっと、いったん、落ち着いて話し合おうか」というのは、

「感情を収めてから」という意味だけではなく、

「ゼア&ゼン」と「ヒア&ナウ」を区別しようとする

提案であるとも言えるでしょう。

 

心理カウンセリングだからこそ成り立ちやすいということ

その一方で、

日常の関わり合いでのヒントになること

 

話を「聴く」ということに関して、

今回のブログでお伝えできたのであればさいわいです。

鹿野 豪 (公認心理師・臨床心理士)

川越こころサポート室のロゴ

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    


↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ


電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中