· 

価値観について

扉絵

『価値観』という言葉があります

身近な言葉ですが、

心の成り立ちを理解する上でとても重要です。

 

『価値観』には、

文化の『価値観』もあり、

その一方で、

人それぞれの『価値観』もあります。

価値観がもたらすもの

『価値観』が心理的にもたらすもの

そのひとつが『判断』です。

 

人は日々、『判断』をしながら生きています。

見たり聞いたものがどんなかを認識したり、

知った内容について自分なりに意味づけしたり、

どうするか行動を決めたり、

といった『判断』が心の中で

『価値観』を背景に行なわれているのです。

 

『判断』には、「絶対に確かだ」と言えるものはありません

ときには思い違いもしますし、自信が揺らいだり、悩んだりもします。

 

『価値観』に、どこでも誰にでも通じるような「絶対」はありません。

なので、人は難しさを感じます。

妥協を探したり、伝え方を模索したり、齟齬を感じたりします。

 

人は心の中に『価値観』を持ちつつ、

自分の外にある様々な『価値観』に、

時に惹かれ、

時に反発し、

『判断』をしながら生きているのです。

価値観を知る

みなさんは『価値観』と聞いて、どんな事柄を思い浮かべますか?

 

どんな事柄でも、

『価値観』は、調整されていくもの。

『価値観』とは、つき合っていくもの。

そんな考え方は、ピンときますでしょうか?

価値観の調整

心は『価値観』の調整を行ないます。

 

ひとりの心の中にある複数の『価値観』の間で…。

 

自分と誰か他者の『価値観』でズレが生じて…。

 

文化にある『価値観』からの圧力を感じて…。

 

そんな心の『価値観』の調整は簡単ではありません。

上のいずれも「絶対」があれば簡単ですが、無いのです。

 

また、

それまで主体的に使ってきたり、支えにしてきた『価値観』を

手放すといった変化は、

心にとって難しさもあるようです。

 

それに、

「良い『価値観』は積極的に取り入れればいい」と言っても、

「なにが良い『価値観』か」はいったい誰が決めるのでしょう?

エジソンの場合

発明王と呼ばれるエジソンは、

研究で望む結果が出ない時、

それすら「失敗ではない」「前進だ」とみなしていたと言われています。

 

この『価値観』にもとづく『判断』は、

「失敗を糧に研究を続ける」という発想や姿勢に繋がることでしょう。

 

…と書くと、

「エジソンの『価値観』は素晴らしい」と

続くように見えますが、ここではそうではありません。

 

どうして急にエジソンの話をしたかと言うと、

心理カウンセラーである私の関心は

自己啓発的な方向には向いていない、

「こういう『価値観』が良い」という方向性ではない

とお伝えしたかったからです。

 

これはあくまで「エジソンの場合」であって、

どこでも誰にでも通じる「絶対」ではありません。

 

たまたま結果的に発明で名を成したから

彼の『価値観』が語り草になっているに過ぎません。

 

エジソンの『価値観』をなぞったとして、

例えば私が、発明王になれるわけではないのです。

 

人間の心というのは決して強くはできていないので、

つい語気の強い『価値観』が「正しく」見えてしまうもの。

そういった影響はなにかしらあるのでは。

 

しかし実際は、「絶対」の無いこの世界で、

なんとか、

自分なりの『価値観』を見出していくのが常なのでしょう。

価値観とのつきあい方

『価値観』は、心の中にもあります。 

『価値観』は、外からの影響も受けるでしょう。

どちらの『価値観』も無くすことはできません。

そこで、

つき合い方を考えていくことになります。

 

人生のどこかで変わっても構いません。

ずっとひとつの『価値観』で生きるわけではないでしょう。

ゆらぐのも仕方ありません。

きっとゆらがない人はいないはずです。

 

『価値観』と、どうつきあっていけば良いか。

そのコツは、頭ごなしの否定をしないことです。

そして、適度な距離をとることです。

 

自分の『価値観』を頭ごなしに否定する。→『判断』がしにくくなります。

他者の『価値観』を頭ごなしに否定する。→人間関係がこじれます。

世の中の『価値観』を頭ごなしに否定する。→視野が狭まることに繋がります。

 

頭ごなしに否定せず、

相反する『価値観』をぶつからずに共存させる、

そこが狙いどころです。

 

場面は、心の中と、現実の、それぞれであり、両方です。

 

個人での『価値観』とのつきあいを超えて、

「あの人が、自分の『価値観』を頭ごなしに否定してくる」といった

悩みも起きます。

いなし方を検討するのが良いかも知れませんし、

そこに強い脅し要素があれば外から第三者に介入してもらうのが適切かも知れません。

現実の関わり方、距離の取り方も意識したいところですね。

心理カウンセリング

誰もが『価値観』を持っています。

 

心理カウンセリングの良さは、

自分の『価値観』が否定されないところです。

 

たとえ

自分の中の『価値観』によって苦しんでいたとしても、

それを否定することによる変化は、

心として不自然さが生じかねないだろう、と

私は考えています。

頭ごなしに否定せずとも、心の変化は生じます。

 

カウンセリングでは、

ご自身の『価値観』、影響を受けた『価値観』、

周りの『価値観』、合う、合わない、

どんなことでもお話ししてみてください。

いずれも否定されることはありません。

 

そうした対話を通じて

『価値観』とのつき合い方について

一緒に理解を深めていきたいと思います。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。    

鹿野の顔写真

鹿野豪

公認心理師(登録番号 : 2225)

臨床心理士(登録番号:  17852)

>> はじめまして

川越こころサポート室のロゴ


↓心理ブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ

↓川越こころサポート室についてのブログ一覧はこちら

心理ブログ一覧へ


電子書籍のご紹介

臨床心理学ってなに?の表紙絵

amazon kindle(電子書籍)にて発売中