· 

表出と表現

自己正当化の扉絵

『表現(ひょうげん)』 という言葉、聞いたり、使ったりすると思います。

 

『表出(ひょうしゅつ)』 は、言葉の印象から、

「なにかが表に出てくること」をイメージされるのではないでしょうか。

 

これらを

心理学の視点で紐解いてみたいと思います

それぞれの言葉を、

実際の行為の理解に活用してみてください。

表出とは

まず先に、『表出』 について説明します。

『表出』 は「なにかが表に出てくること」というイメージで合っています。

 

心理学では、

心の中の事柄が

顔の表情や、しぐさ、行ないなどに出ること

『表出』 と呼びます。

 

「思わず」と頭につけても良いようなものがそうです。

「思わず笑った」や「思わずやった」といったものは

だいたい 『表出』 と呼べるでしょう。

心の中のことが思わず出ているのです。

表出の心理

のことが表に出る 『表出』。

それは、本人にとって、

良い面もあれば、困る面もあるようです。

 

良いのは、心のことを現実に出すところです。

なにを思っているか他の人に分かってもらえる良さがあります。

それ自体がコミュニケーションの一部となっているのです。

また、

出さずに心の中に溜め込むとつらくなってしまうことがあるので、

その解放にもなるでしょう。

 

続いて、

困る面でなにがあるか、ここでは、ふたつに分けてみましょう。

 

ひとつは、

心の中の複雑なことや自分でも捉え切れていない事柄、

消化や整理できていない事柄が

思わず出てしまって、自分自身で困惑してしまうというものです。

『表出』 したことによって、恥ずかしさに身悶えて後悔したり

気持ちが不安定になってしまうかも知れません。

 

もうひとつに、

社会的に我慢が求められる場面でふさわしくないとみなされる『表出』があります。

笑ってはいけない場面で笑ったり、

並ぶべき列に割り込んだり、

というのは

心がそうしたいという衝動に駆られても、

やってしまうと、

社会的に「ふさわしくない」とみなされるでしょう。

 

これらふたつの意味が両方とも絡む場合もあります。

 

「これが正しい『表出』だ」といった正解はありません。 

誰しもがすることですし、自然なものでもあります。

しかし、心という面で考えてみてください。

心置きなくできる時もあれば、押しとどめている時もあるのです。

表現とは

『表現』 とは、

心の中のことを、なんらかの方法で他者にも分かるように示すことです。

(参考 >>『心理ブログ』 表現を考える

 

言葉や、しぐさ、音、描画など、表現方法は様々です。

短かったり単発のものもあれば、

しっかり作品として成立しているものもあります。

伝わる時もあれば、伝わりにくい時もあるでしょう。

 

誰かしら相手に伝えることを目的とした 『表現』 もあれば、

自分の心にためておくことからの発散が目的の 『表現』 もあるでしょう。

表現の心理

『表現』 したものが伝わると、「また伝えよう」とするものです。

工夫によって伝えられたという体験をした人は、

「どうにか工夫すれば」という意欲を持ちやすいでしょう。

 

では、「伝えたい」と意図して行なった『表現』 が

どうにもこうにも伝わらない体験をしたら、

またはそんな体験が続いたとしたら、

心はどうなっていくと思いますか?

つらさを感じたり、「どうせ無理なんだな」と判断して、

『表現』 で伝えようとしなくなっていくのかも知れません。

 

『表現』に積極的かどうかは個人差があると考えられます。

内外からの刺激に対する敏感さもその要素のひとつでしょう。

環境も、周りの人との関わり方も、影響します。

方法を学ぶ機会の有無によっても変わるでしょう。

表出や表現の役割

『表出』 や 『表現』 の役割は、

心の世界と外の世界とを、繋いだり、交流させるというものです。

それが時には、本人のあり方にも関わってきます。

自身の体験としても、

周りからの見え方としても、です。

 

思わず笑ってしまう 『表出』、

笑った顔を誰かに向ける『表現』。

嫌なので顔を背ける『表出』、

「それは嫌なの」と言葉で伝える『表現』。

 

どちらが優劣ということでもなく、

両方を織り交ぜて、心は世界と関わるのです。

 

『表出』 と 『表現』 の言葉の意味と、その役割、

ご理解いただけましたでしょうか。

表出や表現と心理カウンセリング

心理カウンセリングにおいて、

カウンセラーの基本的な姿勢に

『無条件の肯定的関心』というものがあります。

これは、

「あれは良くて、これは良くない」といった価値判断は無し(無条件)に、

「この人にとってはそういうものだ」といった肯定を旨とし、

そして「どういう思いをしているのだろう」などの関心を寄せるというものです。

 

現実の場面で『表出』や『表現』が苦手だと感じるのであれば、

カウンセリング場面で

色々と試してみたり、馴染むよう練習していったり、

内容や思いを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

心理カウンセラーは、そういった方のお力になります。

※ 当ブログで記す 「心理カウンセリング」 とは

 川越こころサポート室が提供するものを想定しております。

 他機関の専門性を保証するものではないことをご了承ください。   

鹿野 豪

川越こころサポート室のロゴ
心理ブログ一覧へ

電子書籍のご紹介

シリーズ:心理アセスメント概念

『いろんな主体性』

いろんな主体性の表紙

パソコンやスマホで読める電子書籍。

amazon kindle にて発売中。